奈良県で骨董品、古美術品を出張買取します!

0774-66-6288
お問い合わせはこちら

買取実績

奈良県で骨董品、古美術品を出張買取します!

2024/03/14

古いほど高価買取!? アンティーク骨董品を出張査定!

掛け軸や茶道具、花瓶、壺、食器などなんでも出張見積りします!

昭和レトロな雑貨から大正ロマン、明治、江戸時代の骨董品大歓迎

銅像や仏像、仏具のほか、黒檀紫檀など唐木の家具も買取査定します!

奈良県にて仏像を出張買取しました。@奈良市

 

実家の和室などに飾っている掛け軸や仏像や花器、花瓶、茶道具など沢山の骨董品、アンティーク雑貨。

 

引越しや転居、住居売却の際にお困りではないでしょうか。

 

奈良リサイクルタイムでは近年、遺品整理や空き家整理、住居の売却の際の古い雑貨や贈答品の買取依頼が多くなってきました。

 

当店ではまだ新しい家電製品や家具を買取査定し、アンティークな古美術品、古道具は経験豊かなヴィンテージ専門の査定員が査定買取。

 

不要なお品の不用品回収作業は提携業者に引き継ぎして一括でお見積もりが可能です。

 

過去のご依頼実績でも、引越しで住居の残置物を全て処分されたお客様で、価値ある骨董品を多く所有されており、すべての残置物の搬出作業をさせていただいたのですがお客様には1円もお支払い頂かずに10万円以上差額で買取のお支払いが出来たケースもございます。

 

とても古いものでも大事に保管されていたものは是非奈良リサイクルタイムで査定をしておりますのでお声掛けくださいませ。

蔵整理

嫁入道具から農機具、陶器や漆器などの古い食器が眠っていませんか?

遺品整理や引越しなどで旧家や実家に蔵があって整理しなければならない時、古くて埃が被ったものが何年もそのまま保管している物があると思います。

 

嫁入道具や長持がそのまま置きっぱなしであったり、贈答品の掛け軸、茶器、茶道具や重箱、漆器、陶器などの食器類、小さな農具や農機具などが溢れかえっている蔵もよくお見かけします。

 

その際はぜひ奈良リサイクルタイムの不用品買取サービスへお声掛けください。

 

アンティーク、古道具、古美術品専門の査定スタッフがお伺いして、高価買取出来るもの、買取とはならなくても無料回収出来るものや回収処分まで一括査定で片付けまでまとめて蔵整理のお手伝いをさせていただきます。

古い食器、共箱木箱入りの陶器の買取

有田焼や伊万里焼、人名入りの箱付きでさらに高価買取!?

実家の売却に伴って、片付けなければいけない沢山の贈答品や頂きもの。

 

好きで収集、コレクションしていた陶器や食器が引越しでは次の家に持っていけないほどの量になっていて処分したい。

 

でも、自分で収集したものでなかったり、今の価値、値打ちがわからないですよね。

 

そんな時は木箱に書いている文字をよく見てみましょう。

 

・伊万里焼

 

・有田焼

 

・美濃焼

 

・備前焼

 

・九谷焼

 

・益子焼

 

・常滑焼

 

・瀬戸焼

 

・萩焼

 

などの記載があるもの。

 

共箱、木箱に人名が記載されているもの。

 

その中でも、合わせて箱が汚れていて、かなり古そうな陶磁器、食器などは奈良リサイクルタイムでは特に買取強化、高価買取で集めています。

 

なんだかよくわからないけど古い贈答品、コレクションされた収集品で上記のものが多い時には、

 

ぜひ不用品買取サービスまでお問い合わせください。

銅像、仏像、仏具の買取

床の間に飾っている銅像からお仏壇まわりの香炉や燭台まで

引っ越しや実家の片付けで処分に困ってしまうお品のなかに、床の間に飾っていた木彫りの置物や壺、阿弥陀如来像や観音様などの神様の銅像、仏像、木像。

 

お仏壇やその周りの香炉や蝋燭立て燭台など捨て難いものが多いですよね。

 

その飾っていた古い観音像、菩薩像などは売れるものが結構あります。

 

【如来像】

悟りを開き、真理に到達した仏様なので、欲がなく質素な布のみを纏った仏様です。

 

・釈迦如来

仏教の開祖ゴータマ・シッダールタの悟り姿

頭は螺髪で、立像、坐像以外にも苦行像、涅槃像、誕生像、降魔像などあります。

 

・薬師如来

病を治す仏様。右手が施無畏で左手に薬壺を持っている坐像が一般的です。

 

・阿弥陀如来

「南無阿弥陀仏」の念仏で極楽浄土で往生できる阿弥陀信仰を説く教主

印相に違いがあり、与願施無畏印、定印、転法輪印、来迎印、などがある。

 

・大日如来

太陽を司る毘盧舎那如来が宇宙の真理に到達した姿、宇宙そのもの。髪は螺髪でなく結っており宝冠や首飾りなど装飾しています。

 

【菩薩像】

・弥勒菩薩

釈迦の後継として釈迦の亡き後56億7000万年後に救世主としてあらわれる修行中の仏様。まだ悟りに達していないので装身具も纏っています。頬に手を当てて思いを巡らせている姿の坐像が基本で人気の仏様です。

 

・観音菩薩

聖観音、観世音菩薩ともいわれ代表的な信仰の元となる仏様で、修行中でありながら救済をしているその姿は片足を踏み出して歩く像が象徴しています。御姿は装身具が多く、宝冠や上半身には条帛をまとい、腰には裙(巻きスカートのようなもの)、肩には天衣を纏っています。

頭部に11の顔を持つ"十一面観音"や馬の飾りを頭に施している"馬頭観音"、42本の腕をもつ"千手観音"が人気があります。

 

・地蔵菩薩 

地蔵菩薩は釈迦なき後56.7億年後に弥勒菩薩があらわれるまでの間、人々を救済する役目を担う仏様です。御姿はとてもシンプルで坊主頭で装飾がほとんどなく、錫杖と宝珠を持ってます。

 

【天】

・帝釈天

仏教の守護神。天(天部)は仏教に帰依した神様なので、如来に帰依して守護神となり甲冑を纏っています。

 

・梵天

梵天は帝釈天と対になっていることが多く、甲冑ではなく服を纏った姿であらわされています。

 

・毘沙門天

四天王、十二天に数えられ多聞天ともいわれ、北の方角を護ることから北方天ともよばれる天部です。迫力ある顔で右手に宝棒、左手には宝塔を持っている姿が一般的です。

 

・大黒天

七福神の一柱で頭には頭巾、袋を背負って打ち出の小槌を持っており、俵の上に立つ像が一般的です。表情も満面の笑みで立派な福耳です。

 

・弁天様

水を象徴する川の女神。弁財天ともいわれ琵琶の様な弦楽器を持っている天女の坐像が一般的です。

 

 

【明王】

明王は救済を邪魔立てするものに対する怒りで忿怒相とよばれる険しい表情で、手には宝剣、羂索などの武器を持ち、背には光背は炎の姿をしているもの、手が4本、8本などの像があります。

 

・不動明王

明王では最も威圧的な姿で表され修行する者を守護します。剣や投げ縄のようなインドの由来の羂索といわれる武器を持ち、目を見開き、悪いものを寄せ付けない守護神の姿で表れていす。

 

・愛染明王 

愛染明王は煩悩や愛欲を仏への信心へ導く菩提心を担う仏です。蓮華座にのる坐像が一般的で、手には弓矢、光背は日輪、そして愛欲や色欲を表すために台座、光背、身体も赤いのが特徴的です。

 

特にいつからあるかわからない、お爺さんお婆さんも気づいた時にはあったよという古い仏像や飾りなら高価買取査定になるものも多いです。

 

仏像の伝播は中国や朝鮮半島から日本へ来た経緯があり、よく「中国古玩」や「唐物」「清代」といって、コレクション、コレクターの方に人気があります。

 

また仏壇自体は買取がないですが、付随している周辺品の香炉や燭台、おりん、木魚なども作家の人名入り(在銘)なら、こちらも高価買取になるものがございます。

 

床の間に飾っている神仏像、銅像からお仏壇まわりの香炉や燭台まで、ご不要でしたら、ぜひアンティーク骨董品買取サービスまでご依頼くださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。